【2020年最新】ディズニーランド・リゾートの年間パスポート徹底比較

パーク情報

カリフォルニア・ディズニーランドの年間パスポートの種類は5種類

東京ディズニーランドでは年間パスポートの種類が片方または両方のパークの3種類なのに対し、カリフォルニア・ディズニーランド・リゾートには両方のパークに入れる年間パスポートが5種類用意されています。それぞれのパスポートには特典や除外日の有無などの差があり、今回はその年間パスポートの種類を比較してみたいと思います。

まずは5種類の年間パスポートの値段を比較

年間パスポートの最安値は南カリフォルニアの住民向けの$419ですが、日本在住であれば取得は難しいです。これに続いて、フレックス→デラックス→シグネチャー→シグネチャー・プラスの順で高級になっていきます。

年間パスポート料金表
種類 3歳以上
Disney Southern California Select Passport $419
Disney Flex Passport $649
Disney Deluxe Passport $829
Disney Signature Passport $11,99
Disney Signature Plus Passport $14,49

それぞれの年間パスポートの特徴を比較

それでは5種類それぞれの特徴を見ていきましょう。

今回比較するポイントは年間パスポートを買う上で重要になってくる「除外日の多さ」や「特典の種類」です。これを元に以下の項目を基準に比較していきたいと思います。

除外日の有無

フード・グッズの割引(一部の店舗除く)

その他の特典(MaxPass・パーキングなど)

ディズニー・南カリフォルニア・セレクトパスポート

最安値の南カリフォルニアの住人向け年間パスポート。(ZIPコードが90000-96199)

年間パスポートの除外日 かなり多い
フードの割引 10%オフ
グッズの割引 10%オフ
その他の特典 +$125でMaxPassを追加可能

年パス除外日カレンダー(1日で両パークへ行く場合・変更になる可能性もあります)

とにかく安いので、アナハイム周辺に住んでいて、平日にパークへ行ける人はお得
土日祝日や長期休暇期間は全くパークへいくことができない

ディズニー・フレックスパスポート

昨年登場した現地向けの年間パスポート。除外日の他に事前にパークへ行く予約が必要な「要予約日」が存在する特殊なパスポートです。予約は30日前から2つまで可能ですが、キャンセルをしたい場合は、キャンセル日の前日23:59までに申請をしなければなりません。この申請を90日の間に3回し忘れた場合、ペナルティーとして最後にし忘れた日から30日間新たな予約ができません。

年間パスポートの除外日 多い(予約状況による)
フードの割引 10%オフ
グッズの割引 10%オフ
その他の特典 +$125でMaxPassを追加可能

年パス除外日カレンダー(1日で両パークへ行く場合・変更になる可能性もあります)

日本在住の人が取得できる最安値の年間パスポートであり、意外と予約をすれば行ける日が多いのでお得で一番おすすめ!
長期滞在をしたい人や年末年始にパークへいきたい場合は、除外日になるのでいけない

ディズニー・デラックスパスポート

連休やホリデーシーズン以外にパークを楽しむことのできる年間パスポートです。

年間パスポートの除外日 多い
フードの割引 10%オフ
グッズの割引 10%オフ
その他の特典 +$125でMaxPassを追加可能

年パス除外日カレンダー(1日で両パークへ行く場合・変更になる可能性もあります)

夏や年末年始以外にパークを毎日楽しみたい人向け
除外日がかなり多いので、あまりおすすめしません

ディズニー・シグネチャーパスポート

年間パスポートの上位モデルであり、ブロック日の少なさや割引の高さなど、年何回かディズニーランドをしっかり遊びたいという人向けです。

年間パスポートの除外日 とても少ない
フードの割引 15%オフ
グッズの割引 20%オフ
その他の特典 +$125でMaxPassを追加可能

パーキング無料(一部除く)

年パス除外日カレンダー(1日で両パークへ行く場合・変更になる可能性もあります)

とにかく除外日が少なく特典も豊富なので、上位の年間パスポートが欲しい場合にはシグネチャーで十分
年末年始だけ除外期間なので注意

ディズニー・シグネチャー・プラスパスポート

年間パスポート最上位モデルであり、除外日がなくMaxPassもついてくる最強年間パス

年間パスポートの除外日 なし
フードの割引 15%オフ
グッズの割引 20%オフ
その他の特典 MaxPass付き

パーキング無料(一部除く)

1年間毎日パークを楽しめ、ファストパスも取り放題、シグネチャーとの差額が$3ちょいであることを考えると、パークに年何回も訪れて最大限楽しみたい人向け
値段が高い…

年間パスポートはどれを買えばいいのか

以上、それぞれの年間パスポートの特徴を見てきました。これを踏まえた上で個人的なおすすめの年間パスポートは2つです。まずは年6日以上パークを訪れて、なるべく安い年パスが欲しい人へ「ディズニー・フレックスパスポート」をおすすめします。筆者自身、このパスポートを保有していますが、予約を前もって計画的にとっていれば不便になることはありませんでした。平日を含めて一回の旅行で5日パークに滞在する人は是非検討してみてください。次に年間10日以上パークを訪れて、お金の余裕がある人へ「ディズニー・シグネチャー・プラスパスポート」をおすすめします。やはりなんと言っても除外日がなく、特典が多いのが魅力です。アトラクションも存分に楽しめるので、どうせなら最上位のパスポートを買った方がお得です。

年間パスポートの購入方法

年間パスポートを購入する方法は主に2通りあります。ひとつは現地のチケットブースで直接購入する方法、もうひとつはネットで購入する方法があります。ネットで購入した場合、その後どこかでパークのチケットブースを訪れてプラスチックの年間パスポートと引き換える必要があります。その時購入した際に送られるメールや身分証明書(パスポート等)が必要になるので注意してください。

6日以上ディズニーランドを楽しみたいなら年パスを買おう!

以上比較してみると、値段をはじめ、それぞれの年間パスポートに違いがあるのがわかります。ただ、どの年間パスポートでも楽しめるスペシャルイベントやフードも多いので、何日間もカリフォルニアディズニーランドを楽しみたいという人には十分価値のある買い物だと思います。たまに閉園後に年パスホルダーだけ楽しめるアトラクションなんてのも、ちょくちょくやってますよー!内容は変更になる可能性もあるので必ず公式サイトを確認の上購入しましょう!

スターウォーズのナイトイベントが開催!
閉園後のパークで開催されるスターウォーズの世界観に溢れた豪華なショーをお楽しみに!このイベントのチケットは売り切れてしまいましたが、すでにチケットを手に入れた方はアトラクション、グリーティング、ショー、ダイニング、その他のスペシャルイベントをディズニーランドリゾートでお楽しみください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました