誰も教えてくれないカリフォルニア・ディズニーランド 5つの謎

パーク情報

カリフォルニアのディズニーランドに初めてきたのは高校2年生の時。その東京とは違う本家のオーラに訳も分からず「すげぇぇ」っと圧倒され、気付いたら帰りの飛行機の中にいました。時が経つこと7年、いまでは毎週その本家ディズニーランドに通っています。毎週通ってると、いままで圧倒されていて見えていなかった「謎」要素が見えてきます。日本人からすると理解不能なディズニーランドの謎、ゲストの謎行動5つを紹介します。そこには「文化の違い」という言葉では簡単に片付けられない謎の数々があります。

 

謎1 スプラッシュよりホーンテッドマンションが人気

アメリカ人の好みと日本人の好みは全く違います。アトラクションでも同じで、東京のディズニーランドに行き慣れている人からすると、全く理解できないことが多々あります。あるハロウィーン期間の月曜日、ホーンテッドマンションには長い列ができていました。それもそのはず、この時期ホーンテッドマンションはクリスマス特別バージョンになっているからです。待ち時間をみてみると、120分待ち!!ホーンテッドマンションで120分はすんごい長いです。そんで、すこし先に進むとスプラッシュマウンテンがあるので、待ち時間を見てみると、こっちは15分待ち!?!?!

 

ホーンテッドマンション 120分待ち

スプラッシュマウンテン 15分待ち

 

いや逆でしょ!!って感じなのですが、本当にありました。

謎2 ディズニーランドで売られるポップコーンの味が1種類

ディズニーランドで人気の食べ歩きメニューといえば不動の1位「ポップコーン」ですよね。みんな大好きキャラメル、醤油バターにビールに合うガーリックシュリンプ。さあ本家にはどんな味があるんでしょうか

 

っつ、塩、しおのみです!!奥さん!!アメリカ人にとってポップコーンといえばしょっぱいもの、甘いポップコーンは例外的な存在です。パーク内のポップコーンワゴンでは基本的には塩味のポップコーンが売られています。というかポップコーンワゴンにフレーバーの名前は書いてないです。男は黙って塩です。

 

謎3 ショーやパレードは毎日やらない

ある日カリフォルニアアドベンチャーでアナ雪のショーを見ようとしたら、いつものシアター前に人気がありません。時間間違えてるのかと思って見ても時間あってるし、なんだろうと思ったら、今日はショーをやらない日だったということがわかりました。なんだそれ。日本では悪天候やシス調にならない限り毎日ショーはやります。ただしこちらのショースケジュールでは週末のみ公演がザラにあります。

必ずオフィシャルサイトで今日のショースケジュールを確認しましょう。カリフォルニアはそんなに甘くないです。

 

謎4 ミッキーよりもプリンセスが人気

まずはこの写真を見ましょう

ミッキー普通に歩いてます

東京ならば長蛇の列ができるはずのミッキーもカリフォルニアアドベンチャーでは普通に会えたりします。もちろんちゃんとしたグリーティングの時はある程度列ができますが、結構あっさりグリできちゃいます。むしろ言葉(英語)を話せるシンデレラや白雪姫などフェイスキャラクターの方がミッキーより人気です。

 

謎5 食べ物の大きさが想像の2倍

これはもう本当に大きな問題なのですが、とにかく食べ物の量が多いです。
例えばこの写真

ちょっと甘いものが食べたくなって、「Funnel Cake」をモバイルオーダーしました。食べ歩きにちょうど良いサイズだし、美味しそうだし… 実際に受け取ったものがこちら

でけええwww

もう片手では持てないほどの重量があり、大きさは手のひらを目一杯広げたくらいありました。厚みがすげえ

本当に少食の人は食べ物のポーションに気をつけてください。特に甘いスイーツ系は「ちょっと食後に」の量をはるかに上回ってきます。必ず2人でシェアする等してください。

 

まとめ

まだまだ、他にも「謎」はたくさんあるのですが、言い出すとキリがなくなりますね。中には日本人には理解できない謎も多々あるのですが、それは決して悪いものなのではなくて、アメリカの良さでもあるんですよね。アトラクションにそんなに並ばなくて済むし、日本みたいに長時間ショーに並ばなくて済むし。第一キャストが無茶苦茶フレンドリーなのとか、実際に来てみないと分からない良さもとても多いです。是非この謎を少しでも理解して、少し身構えながら、アナハイムのディズニーランドを訪れてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました