「白雪姫の恐ろしい冒険」が最新技術で大幅アップデート

パークニュース

「白雪姫の恐ろしい冒険」の結末がハッピーエンドに

ディズニーランド・ファンタジーランドにあるダークライド「白雪姫の恐ろしい冒険」が、来年のディズニーランド65周年アニバーサリーに合わせて、大幅アップデートされます。

これまではアトラクションの最後にハッピーエンドの本が登場するというだけでしたが、今回はアートのように王子とのキスで目覚めるシーンが描かれる予定です。そのほかにも最先端の音響・映像技術に加え、新たな音楽、LEDブラックライト、レーザープロジェクター、アニメーションシステムが投入されます。

アトラクションが大幅にリニューアルするのは1983年ぶりになります。

今月の最初にはこの工事の許可をアナハイム市が出したことをOC Resisterが伝えていました。

「白雪姫の恐ろしい冒険」は1月7日からクローズします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました